コミュニケーション達人のチャットツール使い分け

communication

チャットツールを使い分けてコミュニケーションの達人になる


今やスマホ全盛の時代になり、誰もが何らかのSNSに参加したり、ブログを書いたり、巨大掲示板に書き込みをしたり、LINEやカカオトークなどのコミュニケーションアプリを使っています。初対面の人と知り合った時に、スマホ経由でIDを交換するなんてことも当たり前の世の中になりました。

しかしこうした便利なコミュニケーションアプリですが、上手に活用しないと思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。例えば、会社の上司とツイッターで相互フォローした場合に、仕事での愚痴をうっかり書いてしまいそれを見られたり、FacebookをTwitter感覚で使ってしまい、投稿が多すぎてうざがられてしまったりといった失敗談も多く見受けられます。

Twitterなどは、アカウントを複数作ることも可能ですが、LINEなどは、スマホ1台に対し1つのIDしか与えられません。サブ垢を作れないとなると家族や親友、恋人など本当に大切な人としか使いたくないですよね。ですから仕事関係で「LINE使ってる?」と聞かれた場合には、「家族専用だけど使っているよ」と答えるようにしています。

「何故家族専用なの?」と聞かれたら「以前会社の同僚の女性と仕事のことでやりとりしていたのを女房に見つかってしまい・・・」みたいな感じでLINEのIDは教えられないことを伝えます。そうするとメールでのやりとりおんりーになったり、場合によっては、LINEのサブと言ってもいい存在であるカカオトークのIDを教えればよいですから。

つまりスマホを2台持つか、サブ垢を作れるコミュニケーションツールを使うか、代替アプリでカバーするか仕事とプライベートをきっちりと分けてコミュニケーションアプリを使いこなすようにしたいものです。



フェイスブックで昔の知り合いと連絡がとれた


私は大学在学中にフェイスブックを始めてみました。海外でフェイスブックが話題になっている真っ最中でしたし、自分でもなぜこのツールが人気なのか自分で確かめてみようと思ったからです。実名登録が基本だということには少し抵抗がありましたが、私はそこまで友達も多い方ではありませんし特に気にもしていませんでした。

早速登録して基本的な情報を入力した後、自分のスマホに登録してあるアドレスからユーザーを探す作業に移りました。そうすると、私の知り合いでもフェイスブックをやっている人はそこそこいたのです。また、フェイスブックは自分の出身校からも友人を探す機能がついているようでした。

それを試してみると、昔仲良くしていて連絡を取る手段もなくなっていた友人が何人かフェイスブックに登録していることを知りました。また、オフ会で知り合って連絡先を交換した人も登録しているようで、その人は頻繁に更新をしてこのツールを使いこなしているようでした。私は昔の知人に連絡を取ってみたのですが、向こうも突然私から元気にしているかメールを貰って驚いたようです。

小中学生の頃の友人ですとケータイも持っていなくて学校が変われば離れ離れになってそのままになってしまいがちですが、フェイスブックならそうした友達と連絡が取れるので便利だと思います。



LINEを通じて恋人ともっと仲良く慣れた


私はネット上で知り合った仲の良い男性がいました。その人とはスカイプでやり取りしていたのですが、LINEの方が通知を見落としにくいしすぐに返信できるからということでLINEでのやり取りに移行しました。

LINEでやり取りするようになってから、その人と一日の中でチャットをできる時間が飛躍的に上昇しました。このアプリのいいところは、画面オフにしていてもメッセージを受信するとメッセージを短時間ですが表示してくれることでしょう。これなら通知を見逃さないで済みます。

また、画像が正確に貼付できることも魅力の一つです。写真にフィルターをかけられるのも便利ですし、普段から頻繁に画像のやり取りをしている私達にはうってつけの機能だと思いました。画像データの送受信も迅速で、とても助かります。更に、メッセージに既読確認機能がついているのもいいですね。

これについては賛否両論ありますが、メッセージに目を通してくれたのだとわかるので情報をしっかりと伝えられるという意味でもこの機能は役に立っています。LINEはメールよりも短文でのメッセージに向いていますし、プライベートな相手と要件なら気軽にメッセージが送れるのがいいですね。これほど便利なツールなら、もっと早くに導入していればよかったと思いました。

スマートフォンライブチャット