スマホアプリで退屈な毎日が変わりました

スマホを初めて持ったとき、さぁアプリを楽しもうと思いましたね。便利なアプリを探したり、ゲームをしたりなど毎日全然退屈をしなくなりました。専業主婦なので午前中に家事をしたら、もうすることがないんです。

子どもは小学校と幼稚園に行っていますし、何か習い事をしようにもお金がかかってしまうので、すっかり引きこもり主婦になっていたのですが、スマホを購入してからは毎日便利なアプリを探して楽しんでします。

有線を聴いたり、ディズニーツムツムで友達と競い合ったり、体重管理をするアプリもありダイエットに励むようになりました。可愛くとれるカメラもありますよね!

これが本当に無料なの?とびっくりするような楽しいゲームがたくさんありますし、毎日新しいゲームが増えていくのでスマホがあると本当に飽きませんね。

スマホ依存になるんじゃないかと不安なぐらい夢中になっています。LINEで無料電話やメールなども楽しんでいますし、スマホを持ってから生活が充実しているというか、かなり楽しくなりました。

パズル系で頭を使ったり、料理を調べたり、どこに行くにもスマホがあれば人生楽しいかもって思ってしまいます。ゲームが苦手な私なのですが、スマホのゲームはとても単純なので大好きです。

擬似的な再会をしました

Facebookをかれこれ3年近く使っています。友人の近況をしれたり、自分の近況を伝えられたりすごく便利なツールであると思います。そんなFacebookを通じて、私は擬似的な再会を果たしました。

18年以上前に大好きで付き合った彼女との再会です。不思議なものですね。時間がフラッシュバックしたようで新鮮な気持ちになったことをよく覚えています。たぶん、こんな経験をするのは私以外にもたくさんいるんじゃないかと思います。

「擬似的な再会」、これがポイントです。この先、Realの再会ができるのかと期待していたりします。Facebook上、友達になっていることはある程度の居場所や居住地は特定できます。が、擬似的な再会って、やっぱり擬似的だと思います。本当の意味での再会であれば、私は実際に会ってみたいなあと思います。

テレビで「あの人に会いたい」という番組をやっていましたが、あんなイメージです。擬似的に再会を果たしてしまったことで、もし実際に再会ができたとしてもあれほどまでの感動はないかもしれませんが。

Facebook以外のコミュニケーションツールも使いますが、これはあくまで実世界でのやりとりかなあと思います。Facebookでも擬似再会をぜひ、Realの再会に持っていってお互いの人生の振り返りもしてみたいと思いました。

ツイッターはお誕生日が嬉しい

ツイッターをはじめてまだ1年にも満たない娘が、とても喜んで私に話してくれたことがありました。それは今までこんなにたくさんの人にお誕生日を祝ってもらったことがない。今年は今までで一番くらべものにならないくらい多い。

すごくうれしいとのことでした。きいてみると、今までならお誕生日に会った人は口頭で「おめでとう!」と言ってくれるし、特に仲のいい子はプレゼントやメッセージカードもくれる。そしてメールをくれる子もいる。

けれどもやはり、お友達がカレンダーかなにかに登録しておかなければ、自分のお誕生日を覚えていないだろうし、そうしてくれている子は数人。

けれどもツイッターなら、フォローワーさんの何人かが「お誕生日おめでとう!」と言ってくれれば他の人たち、それも顔見知り程度でそれほど親密でない子たちも「今日お誕生日やったん?おめでとう!」と数珠つなぎ方式で祝ってくれる人が増える。

そしてツイッターでのお祝いの定番なのが「可愛くて優しい○○ちゃん!」とか「○○を一生懸命がんばっていて尊敬!」と必ず褒め言葉をいれてくれることらしい。

儀礼的とはわかっていてもやはり、人間承認が欲しいものなので、嬉しいことにはかわりがなく、この点は特になかなかツイッターというものはいいものだなあと思いました。

twitterで短歌を楽しんでいます

今までTwitterは、友達との近況報告や身内仲間とコミュニケーションをするツールとして使っていました。そのとき、友達が俳句を詠む人で、「#短歌」や「#haiku」のタグを使って作品を投稿しているのを何度か見ていました。

俳句はわからなかったのですが、私は百人一首をしていたことで短歌に興味を持ち、友達に影響されて短歌を呟くようになりました。「#短歌」や「#jtanka」のハッシュタグをつけてツイートすると、全く知らない人がお気に入りやRTをしてくれることがあり、それから相互フォローに発展することが増えました。

Twitterで短歌を楽しんでいる方は横のつながりが広いようで、芋づる式に交友範囲が広がりました。自然に短歌関係の話題が増えて、また様々な自主企画を知るようになりました。例えば、「#7days100tanka」というタグでは、1週間で100首の短歌を詠もうというハッシュタグです。

これは自主的なもので、開始日や終了日がなく、達成は目指すもののリタイアもOKという緩い企画です。自分の好きなときに開始することができ、集中的に自分の短歌を見てもらえるので感想も戴けたりします。他にも「くだもの短歌」や「大人の短歌」などの企画が不定期に行われていて、初心者も好意的に受け入れてくれる方が多くて人脈が広がりました。

これまでは身内との連絡などに使っていたTwitterですが、これからはこういった見えない人との繋がりも楽しんでいきたいと思っています。

Facebookについて

私はFacebookをかれこれ3年程しています。Facebookを利用して色んな人に出会う事が出来ました。初めての人から、昔の友達などなど・・・Facebookを利用していなければこの先も出会う事もなかったかも知れません。私はFacebookは非常にいい出会いの場だと思います。オフ会なども定期的に開催してますし。

ネット上で知り合った相手とオフ会等で会うことは、それも一つの出会いだと私は思うのでいいと思います。 また、2人で直接会うとこのご時世何があるか分からないし不安もありますが、オフ会だと安心です。そこで友達として付き合っていく人もいれば、恋人に発展するかもしれないし、また縁がなければ離れるかも知れないけど、その先に何があるのか分からないからより楽しいんじゃないでしょうか。

実際私もオフ会で出会って今も友達として付き合っている人もいますし、また友達もオフ会で出会った子とお付き合いを始め、4月にとうとう結婚する事になりました。 そんな友達も見ているからもありますが、私はオフ会も全然いい大賛成だと思うし、これからもどんどん機会があれば参加したいと思っていますし、今後もFacebookで新しい方とどんどんコミュニケーションをとっていきたいと思います。